ホーム > 『0.18㎥バックホー』入荷しました

『0.18㎥バックホー』入荷しました

“コベルコらしさ”を徹底的に追求した
SK45SRとSK55SRがさらに進化。
重機ショベルで確かな評価を築き上げたコベルコ独自のテクノロジー、
エンジン冷却システムiNDrの搭載により、低騒音性とメンテナンス性、信頼性を
飛躍的に向上させたことをはじめ、作業能力、低燃費性、快適性の追求など、さまざまな最新テクノロジーの投入により、
きわめてコベルコらしいミニショベルに仕上げられたSK45SRとSK55SR。
いままた、環境性能を格段に向上させる新型エンジンを搭載し、内面的に大きな進化を遂げました。
オフロード法2014年基準値に適合。しかもiNDrをさらに発展させたiNDr+Eを標準採用。
地球環境への、そして現場環境への配慮をカタチにして身につけた、
コベルコの5トンクラス最新鋭ミニショベル、2モデルです。

図はSK55SRキャノピ仕様。
数値はキャノピ仕様/キャブ仕様同値で、青文字はSK45SRのものです。

図はSK55SRキャノピ仕様。
SK55SRはキャノピ仕様/キャブ仕様同値で、青文字はSK45SRのものです。
※SK45SRキャブ仕様も同値です。

重機クラスで定評あるiNDrをさらに発展させたiNDr+E搭載。

エンジン冷却システムとしての高い信頼性と、優れたメンテナンス性、そして驚異的な低騒音化により、重機ショベルで高い評価を得ているコベルコ独創のiNDrをベーステクノロジーとし、冷却排熱だけでなくエンジン排気ガスも下方に排出するiNDr+E仕様機を開発。標準仕様として設定しました。

排熱方式を180゜転換。
吸気側に防じんフィルタを設置してダストの機内侵入を防ぐiNDrの構造をミニショベルで採用する
ために、冷却方式をプッシャタイプ(吐出冷却)からサクションタイプ(吸気冷却)に変えるとともに冷却ファンを大型化。吸気口は右ガード部に、排風口はアッパ下面に設け、冷却空気の流れを従来機と
は逆向きにし、エンジンの排気も下方にしました。

ホーム > 『0.18㎥バックホー』入荷しました
Copyright © Rental TAIKI. All rights reserved.